2009年01月27日

「オルガン小曲集」からちょっとはなれて・・・A BWV4の第3曲 二重奏のアリア

前回と同じくバッハのBWV4、教会カンタータ第4番「キリストは死の縄目につきたまえり Christ lag in Todesbanden」から、
第3曲、ソプラノとアルトの二重奏のアリア。



ぱっと聴くとわかりにくいが、ソプラノとアルトの旋律はBWV625や前回の第8曲の4声コラールで使われていた旋律をアレンジしたもの。

続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

「オルガン小曲集」からちょっと離れて・・・@  BWV4の第8曲のコラール

前回のBWV625と同じコラール(旋律)を使った教会カンタータがBWV4「キリストは死の縄目につきたまえり Christ lag in Todesbanden」。
その第8曲、曲の締めくくりの4声コラールを録音してみた。



BWV625と比べてみると、同じ旋律なのだから当たり前なのだが、雰囲気は同じような感じ。ちなみに調はBWV625がニ短調で今回のBWV4がホ短調。


続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

小麦粉粘土

カテゴリを「夕飯」にしたのは、レシピが出てくるから、というだけです。
食べ物の話題ではありません。

娘の最近のお気に入りは、小麦粉粘土である。
文字通り、小麦粉で作る粘土である。

保育園で「まちがって口に入れても大丈夫」だから、ということで使っているらしいので、うちでも作ってみた。



<レシピ>

・小麦粉適量  ・食用油適量  ・水適量


これしか書きようがないんだよな。
あとは混ぜ合わせて、こねて、こねて、こねて、足りないと思ったら小麦粉を足したり、パサパサしていると思ったら水を足して、・・・

でも結構、粘土らしい粘土ができた。

ケーキを作って、ろうそくをたててやったら「トオチャン、結構ウマイネエ」とほめられちまった(笑)。ありがとよ。
「結構」などという言葉に微妙なニュアンスを感じるのだが(笑)。

まあ、いいと。
posted by たこすけ at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 夕飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

BWV625「キリストは死の縄目につきたまえり」

バッハの『オルガン小曲集』から、
BWV625「キリストは死の縄目につきたまえり Christ lag in Todesbanden」



コラールの作者はあのマルティン・ルター。
ルターがすごく好きだった「キリストは蘇りたまえり Christ ist erstanden」というコラールの旋律(もとはグレゴリア聖歌)をもとに新しい歌詞をつけたものらしい。

そのコラールの編曲のひとつがこのBWV625で、
ほかにも教会カンタータの名曲BWV4やBWV158、オルガン曲でもBWV695などでも使われている。特にBWV4番は全曲がこのコラールにもとづいて作曲されているいわゆるコラール・カンタータになっている。

以上、川端先生の『バッハのコラールを歌う』より。

この旋律を使ったものはもういくつか録音してみたいと思っている。


続きを読む
posted by たこすけ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

BWV634「最愛なるイエスよ、われらここにあり」

バッハの『オルガン小曲集』から、
BWV634「最愛なるイエスよ、われらここにあり Liebster Jesu, wir sind hier」



コラールの
作詞者はトビアス・クラウスニッツァー(1619-84)
旋律はヨハン・ルドルフ・アーレ(1625-73)。
川端先生の『バッハのコラールを歌う』によると「ルター派の賛美歌の中でもっとも愛らしい響き」と言われているそうだ。



続きを読む
posted by たこすけ at 16:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

大掃除の友

新年あけましておめでとうございます。
家族みんなが健康ですごせますように。
明るい未来につながる第一歩になるような年になりますように。

2008年末の大掃除の友は、重曹とボンスターだった。

台所の頑固な油汚れもこの二つでびっくりするくらいきれいになった。
調子に乗って、コーティングまでしちゃいました。
ポットの中の水垢は「クエン酸」で一発できれいに落ちた。

意外にこんなもので足りちゃうんだなぁ。



posted by たこすけ at 13:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする