2010年11月30日

今年もプチプチ

今年もはりました。

SN3G0409.JPG

ちなみに下がピンクのハートのプチプチ。
昼間撮ったこともあって写真では色が薄く見えるが、もっとピンクピンクしている色。

SN3G0408.JPG

話は変わるが、
最近、台所が寒い。
仕方なく、せめて身体を動かしながら飯をつくろうと手当たりしだいにCDをかけているのだが、
そんな中でサザンのCDを本当に久しぶりに聴いた。「世に万葉の花が咲くなり」。

いいなあ。やっぱり天才だなあ、桑田は。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています。



posted by たこすけ at 16:23| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

2010年11月の日記

つれづれなるままの2010年11月の日記。

もう1ヶ月ちょっとで今年も終わりだ。



寒いです。

湯たんぽをはじめた。3月下旬まで毎晩準備をするのだろう。これが我が家の冬だ

このブログにくる人の検索ワードを見ると先月の終わりから
「プチプチ」「プチプチ 窓」というのが俄然増えてきた。
こんな役に立たないブログで申し訳ない思いでいっぱいです(笑)。

以前の記事はこちら → 。

続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

”弦楽一重奏”でイエスタディ

チェロとギターのデュオでライブやりました。

チェロのソロでバッハの無伴奏から1番のプレリュードと3番のブーレ。

その後、二人でビートルズのエリナーリグビーとイエスタディ。

そこからイエスタディ、”弦楽一重奏”で(笑)。

  → http://musictrack.jp/musics/30030

ビートルズの曲のコピーなどをここに直接載せると著作権の問題が発生するようなので、こちらにのせました。


▼感じたこと

会場は100人程度の会議室、いわゆる会議室。下が絨毯、お客さんが目の前に並ぶと音が全く響かない。



続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

レッスン記 シューマン幻想小曲集3楽章 中盤

レッスン記。
シューマンの「幻想」の3楽章。
まだ中盤です。

C、Dの部分。

DSCN0018.jpg



楽譜のスラー表示はちょっと無理があるから弓のアップダウンはあまりこだわらなくてもいい、
ただし、音楽的には楽譜の表示を尊重すること。

実際、クレッシェンドとかフォルテとか、この通りでやろうとすると実際には楽譜のスラー表示でやるのが一番自然だったりする。その意味ではやっぱり音楽的にはこれが一番なのだ。

右手の技術がもっとあがれば楽譜通りのスラーでできるようになるのかもしれないし、まあその時々のレベルで考えても良いのだろう。




A線の高いAが3回、
Cの4小節目、Dの3小節目、Dの9小節目と出てくるが、
この3回をフラジオで取って同じように弾いていると、
「みんな同じように弾いているけど、それはどうかな…」と。

続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

久々ふたたび バッハ無伴奏1番プレリュード

バッハのチェロ無伴奏1番、BWV1007の第1曲目プレリュード。

前回の3番のブーレと同時に録音しておいた時のもの。バンドメンバーの前でのお試し的録音の第2弾。



実はこの二曲を今度、人前でやろうと思っている。
プラスあと二曲、われらがボーカル協力してもらって、エリナー・リグビーとイエスタディ。

ま、それはともかく、

この1番のプレリュード、チェロで自己紹介するには最適な曲。結構有名だし。

しかし冒頭は分散和音の積み重ねであり、そんな新規なコード進行でもなく、ひたすら単音で時には和音分解して、時にはスケール的な音の並び、ただそれだけなのに、なぜこんなに超名曲?(笑)。
ほかに似たタイプの曲がないのが不思議なほど。

この1番プレリュードは以前録音をアップしていて、
それがこれ→、でした。4年前、はじめての録音のアップでしたが、当時機材がなくて、手持ちのデジカメで録音した。”凄まじい”音質。

多少は前進しているのかどうか?


とりあえず反省点など、

・全体の時間配分の問題もあるのだが、結構いそぎ目に演奏していること。

・やはり人前で弾くときは緊張してたのか、普段絶対に間違えないところで見事に間違えたこと(前半終わって、後半が立ち上がってくるとことか。いままでこんなところを間違えたことは記憶にない)。

・最後の4小節の、G-B-D、G-A-D、F#-C-D、の部分の下のD、もっと響かせたい。そうじゃないと最後のGの和音への解決感がいまいち。
 その前から、ちょっと勢いで飛び込みすぎているかな。もっとしっかり弓を一瞬でも準備してから、弓の量の配分も考えて、しっかり響かせよう。

・最後のGの和音、しょぼい。難しいんだけど、キレイに響かせたい。やっぱり一瞬の準備が必要かな。あとあまり強く響かせようとも思わないこと、など?


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています


 
posted by たこすけ at 00:19| Comment(10) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする