2010年12月30日

チェロ弾き倒し望年会

いつもお世話になっているgoshuさん主催の”チェロ弾き倒し望年会”に参加させていただいた。

チェロ弾き16人とピアニストお一人の参加、
自己紹介を兼ねてのソロ演奏があり、その後はアンサンブルをひたすら。

ソロではベートーヴェンのソナタを弾かせてもらった。一年の締めくくりを大好きな曲でやれて少し満足。反省点も多いが(苦笑)。

はじめてお会いする人も多かったが、とても和やかな雰囲気ですごく楽しかった。
ビートルズもやれたし(笑)。

みなさん、ありがとうございました。

年末のクソ忙しいさなかに、快く送り出してくれた家族にも感謝いっぱいです。


PA0_0028.JPG

PA0_0044.JPG

SN3G0415.JPG

   → ”同級生”のいたさん作のステッカー。クリックすると大きくなります。




にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています。




posted by たこすけ at 15:00| Comment(9) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

ビートルズバンド「び〜ふぁいん」クリスマスライブ終了

やれやれ、ライブ終了。

今回の最大の獲得目標、ムスメが来てくれました。
心配していたライブハウスの大音量も「へえ?全然大丈夫だよ」と。なかなか将来有望とみた(笑)

「とうちゃんもほかのみんなもみんなかっこよかったよ」と言い残して、バタンキューと寝た。

とうちゃん、バンドを長いことやっている。ライブが終わった瞬間は、それがどんな出来であろうと、ある程度の充足感というかのがしみじみと胸に満ちてくるものだが、
……
こんなに満ち足りた時もないね。いや、本当。

妻も体調すぐれないところを無理して来てくれてムスメの相手をしてくれて、大変嬉しかったしありがたかった。

下のセットリストをみていただければ分かるとおり、
後期主体のかなりマニアックでシビアな選曲でした。
いろいろと予期せぬトラブルも、ミスも、ある程度予期されていたミスも、ま、そんなものは当然ありましたが、でもバンドどしての一体感がすごくあり、すごく他のメンバーが頼もしかった。




続きを読む
posted by たこすけ at 00:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

きっかけ その二 欽ちゃんとナヴァラとドヴォコン

チェロをはじめたきっかけの「その二」。
   (「その一」コチラ→) 

体調が悪くて寝込んでいたある日、
手持ち無沙汰に、なんとなく、
録画していたビデオでも見ようと、

もう10年以上前のものだったか、かなり前の「欽ちゃんの仮装大賞」の録画をなんとなく見ていた(一時期はまっていたもので)。

番組は途中から録画してあった。
その途中から見始めて、
番組が終わって、CMが入って、そのCMの途中で録画が切れると、
下から、その前に録画していた映像にビヨ〜んときりかわった。

(最近はみんなデジタルだからこんな”重ねどり”なんてことはなくなったなあ…)

白黒の画面で、チェロとピアノのデュオ、ちょうど何かの曲の最後の部分をやっていた。
それが終わると、やはり白黒の映像で、風貌がしぶ〜いチェリストによる、まるで交響曲のようなチェロ協奏曲が始まった。

続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

び〜ふぁいんでクリスマスにライブを

年末最後から二つ目のイベント。

び〜ふぁいんのライブをクリスマスにやります。

 → び〜ふぁいんのブログへ

ビートルズのコピーバンドが3つそろってライブをする企画なのですが。


今回のライブ、
クリスマスという時期はともかくとして、
自分的なこだわりは二つ。

一つは、
やる曲だが、サージェント・ペパーズから二曲、ホワイトアルバムから二曲、と中後期より。
「これ、四人ではやらないでしょう」という曲にも挑戦します。
正直、どういう編成でやろうとベースは基本はポールがやっていることから外れないからある意味楽なのだが、ホーンやらストリングやら妙な効果音(笑)やらをアレンジしなければいけないギターにはかなりの負担がかかっているかもしれない(笑)。

でもシンプルにやることで、かえって原曲の荒々しさというか、ロックっぽさみたいなものが浮き出れば面白いかなと思っている。やっぱりビートルズはライブバンドだしね。


もう一つは、
ムスメに来てもらうこと(笑)。
7月のライブは来る予定だったが、当日熱を出してしまい家で寝ていた (→)
今回はリベンジをはかります。
7月は野外だったが、今回はライブハウスなもので、音の大きさに即嫌がって「帰る」と言うかも知れないなあと心配しつつも。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています。


posted by たこすけ at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

レッスン記 シューマン幻想小曲集3楽章 後半

レッスン記。シューマンの幻想小曲集の3楽章の後半。

実際にはレッスンでは3回分くらいになるが、まとめて。




SN3G0411.jpg


Codaからフィナーレに突入するが、

ここはまだ全体がpで。
「ここから勢いで全部盛り上がっちゃうような演奏もあるけど、それはシューマンではないと僕は思う」というようなこと。



続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

世界で一番著名な”イクメン”

最近、”イクメン”という言葉がちまたで聞かれる。
例えば、こんなページ → 「イクメン・プロジェクト」

”主夫”としてもこういう流れは非常に心強いものである。

さて、
世界で一番著名な”イクメン”は誰か。

と言えば、それは、他ならぬジョン・レノンで間違いない。

今日12月8日はジョン・レノンが殺された日。

当時5歳の息子、ショーンのことを歌った名曲が Beautiful Boy 。

youtubeに色々あるが、直接貼り付けるのはちょっと気が引けるので、リンクで、
たとえばコチラとか→


たとえば、3番の歌詞はこんな風。

続きを読む
posted by たこすけ at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

きっかけ その一 ワトソンとエルガーとデュ・プレと

7〜8年前くらいのある日、
ヒマをもてあましながらぼんやりとテレビを観ていた。
特に観るものもなくなんとなくチャンネルを回していた。

ふと、ある映画の一場面をみた。そこに出ている女優にふと惹かれた。

エミリー・ワトソンだった。
映画はチェスの映画だった。映画の内容よりも彼女に興味を覚えた。

「他にどんな映画にでているだろう」と思って調べてみると、
『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』という映画に出ているらしいと知った。
チェリストについての映画らしい。

近くのビデオ屋で探したらあったので早速借りてきて観てみた。

・・・(以下略)・・・


と、そんなことがチェロをはじめた一つのきっかけでした。


続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする