2011年04月25日

バッハの教会カンタータ140番「目を覚ませと呼ぶ声が聞こえる」第7曲のコラール

久々のチェロでの多重録音。3ヶ月ぶり。

バッハの教会カンタータ、BWV140「目を覚ませと呼ぶ声が聞こえる」の第7曲のコラール。



原曲のコラールは16世紀の牧師フィリップ・ニコライの作。
”コラールの王”とも言われる名コラールです。

そしてバッハの教会カンタータ140番は、これまた超有名な名曲です。


続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

レッスン記 エルガー その4

レッスン記。
エルガーチェロコン その4。

レッスン記が2ヶ月ぶりになってしまった。
それだけ苦戦しているということでもある。

2楽章。この間4回はレッスンが入っている。


▼「楽器のせいではない」

練習番号20番からスピッカートだらけ。

スピッカートがとにかくできなくて、苦戦中。

2楽章に入った最初の時、
スピッカートができていない言い訳として「ひょっとしたら、楽器と弓のせい、ですかね?」と苦し紛れに言ったら、先生は「ちょっと貸して」と。
少し弓を当てたり、重心を探るような動作をしているうちに、目の前で、タカタカタカタカッと、軽快なスピッカートが。
おお、CDと一緒だ(笑)。

そして「う〜ん、全然大丈夫だよ。楽器のせいじゃないよ」

……断言されてしもうた(涙)



続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

「祈り」



バッハの6番サラバンド。ヨーヨーマ。

祈り。


ヨーヨーマの言葉。

『 日本の人々が大変な状況にある今、私は一人のアーティストとして、芸術や文化の在り方について深く考えさせられています。文化/芸術は、このような過酷な現実に直面してい-る人々の痛みを少しでも和らげることができるのだろうか。

  東京在住のある友人は、この疑問にこう応えてくれました。「自分が適切だと思ったことをためらうことなく実行するべき。行動しなければなにも始まらないのだから。」

  私は、この映像によって、日本に住む皆様に少しでも心の安らぎがもたらされることを切に願っています。(ヨーヨー・マ)

As the people of Japan continue to endure profound hardship, I have been thinking, as so many people have, about how culture can respond in a way that is directly meaningful. Is there a way for artists to bring solace to those who are suffering such overwhelming tragedy?

A friend in Tokyo recently answered that question by saying, "I believe that everyone should do anything he or she believes to be good, without hesitation, because the absence of action brings nothing."

I hope this video will bring solace and comfort to the people of Japan. -- Yo-Yo Ma 』



続きを読む
posted by たこすけ at 14:32| Comment(3) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

なにかとてつもないこと

明日で3・11から一ヶ月。

テレビや新聞で現地の情報にふれるたびに、胸が苦しくもなり、切なくもなり、涙も流し、
原発事故にふりまわされ、原発や放射能についての資料をひたすら読み込み、
意識的に気分転換にも心がけ、
「一体自分に何ができるのだろう」と自問自答しながらの一ヶ月だった気がする。

”その日”の個人的なメモ書きを残しておきます。


********************************

地震が起こった瞬間は市役所にある銀行のATMにいた。
一瞬「めまいかな?」と思ったが、建物からのガタガタという騒音がすさまじいので「いや、こりゃ地震だ」とあわてて建物の外に飛び出した。

駐車場の車がゆったり前後に動いている。

足元の地面が大きく縦と横に揺れ動く。
建物の中ではなかった分か、大きく、ゆったりと、地面が揺れ動く感覚を足で直に感じた。
こんな揺れかたは初めてだ。

強いて文字にすると、ダガダガダガダガ、とでもいうのか、周囲の騒音は今まで聴いたことのないような不気味ですさまじいもので、しかしどこか奇妙に静かだった。

なにかとてつもないことが起こっている、と思った。




続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

2011年3月の日記

おっと、4月になってしまった。

つれづれなるままの、2011年3月の日記。



地震関係のことは書きだすときりがないのでアレだが、
ひとつだけ。

計画停電はやめてほしい。
経済がめちゃくちゃになる。特にモノづくり関係が。
経済が立ちゆかなければ、復興もありえない。





故障続きのバイクは結局廃車にした。
エンジン関係のトラブルになってしまい、直すと10万程度になるというので。

続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする