2012年03月29日

2012年3月の日記

2012年3月のつれづれなるままの日記。



これを書いているのが3月24日。
なかなかすっきり暖かくならないな。ジリジリした気分。
でもここであせったら負けだな(誰に対してだ?)と思って、ゆったり構えるようにしている。

でももう湯たんぽは片付けた。
我が家では湯たんぽを用意する時が冬の訪れであり、湯たんぽを片付ける時が春を迎える時なので、ああ、今年も寒い冬を何とか乗りきれたなあ、という感慨がある。大げさだが。




3月は別れの季節でもある。

ムスメがいよいよ保育園卒業である。

4年間、一緒に遊んできた友だちや大人ともお別れである。
本人はどうとらえているんだろう。あまり泣いたりもせず、意外にさっぱりしているのだが。
まあ自分も幼稚園の時のこと、卒園の時のことなどは覚えていないからな。
ムスメも10年後にはすっかり忘れたりしているんだろうか。

でもやっぱり6歳なりに寂しさを感じているのだろうか。

まあ、いずれにせよ、6歳にして、別れと出会いで試される3月4月だよなあ。

・・・というか、一番試されているのは自分か(苦笑)


卒園の会では子どもたちの歌に合わせてチェロを弾かせてもらったのはいい思い出になった。


続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

レッスン記 ブラームスのソナタ2番 その7

また2ヶ月あいてしまったレッスン記。

ブラームスのソナタ2番の3楽章の最後。

▼ 左手のレガート

エルガーの3楽章の時にも散々言われた左手のレガートを強調された。

・叩いてとると相応しくない音、フレーズがある。そういうところは注意する。

・全体としてグリッサンドの移動のスピードが速すぎる。もっとゆっくりで。どの指でグリッサンドするのか、指を変えるときには移動のどのあたりで変えるのかにもっと注意を払って。

 などなど。


▼ スフォルツァンドは難しい

DSCN1609.JPG

続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

録音:無伴奏フルートのサラバンド 3・11に

バッハの「BWV1013無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調」の第3曲のサラバンド。
ニ短調に転調したもの。



録音してアップするのは3回目。

一昨年の5月に原曲通りのイ短調でやったものが最初(→)で、
それにいただいたコメントなども参考に、直後にニ短調に転調したものを録音してアップした(→)


今日は3・11。

ネット上で付き合いが若干あったアマチュアのフルート吹きの方、
釜石市に住んでおられた。
そして3・11で亡くなられた。

1度目にアップしたものを別のサイトで見つけてくれて「チェロで聞くこの曲もいいものですね。」というメッセージをいただいた。

そんなことを思い出しながら今日この曲を弾いていた。


バッハのサラバンド。

かつてはカザルスが第2次大戦後に5番のサラバンドを弾き、ロストロポーヴィチが神戸の大震災後に2番のサラバンドを弾き、そして昨年のヨーヨーマが全曲のサラバンドを”for the people of japan”として弾いた(ヨーヨーマについての記事がコチラ → http://vc-okok.seesaa.net/article/195963293.html)。

そんなことからもあり、”サラバンド”はもともとは舞曲の一種であるが、「祈り」を象徴する音楽であろうと思っている。



でも、今日弾きながら感じていたものは”祈り”ではなく、むしろ”怒り”だった。


< 追 記 >

サラバンドがどう、とか、
テンポをどうするとか、
2拍目に重心を、とか、
弓順とか、アーティキュレーションが、とか
音程を、とか、普段考えることを、今回は全く考えなかった。
身を委ねた感じ。弾いているうちに感情のアップダウンの起伏がでてくるのだが、ひたすらそこに任せた。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています





posted by たこすけ at 23:35| Comment(9) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

録音:クイーンの「ブライトンロック」をやってみた

最近クイーンづいている。

で、クイーンの「ブライトンロック」を以前ギターで録音したことを思い出した。15年くらい前だが。
ここのところチェロの録音がなかなかできずアップできるものもないので、たまにはこんなのもいいだろう。





この曲はもともとはクイーンの3枚目のアルバム『Sheer Heart Attack』の一曲目におさめられているが、自分は1986年のライブ『Live at Wembley '86』でブライアン・メイが完全にソロでやっているバージョンが好きでよく聴いていた。

201107192006193cds.jpg


で、試しに自分でもやってみたというわけです。

これをステージでやれれば気持ちいいだろうな。
いつかやりたい。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています



posted by たこすけ at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする