2012年07月29日

び〜ふぁいん 2012夏祭りライブ終了

び〜ふぁいんの夏まつりライブ、無事終わりました。

今年もまた大勢の方に足を止めていただいて、とてもあたたかい目で見守っていただき、
つくづく幸せなバンドだなあと感じました。
野外で、
団地の商店街のお祭りの開放的な雰囲気の中で、
老若男女に囲まれて、
大きな音で、
ビートルズをやれる、なんて、シアワセ以外の言葉で表現できるものではありません。

summer_001.jpg

また来年もぜひやらせてもらえるよう、精進に励みたいと思います。



続きを読む
posted by たこすけ at 17:21| Comment(4) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

”定期健康診断”の結果についてのメモ

チェロを一年に一度の”定期健康診断”に出した。

・今回の一番の目的は、駒を高い駒に変えること。
 特にピチカートの時などビビりまくっていたのでかなり以前から「取り替えたら」と言われていた。S先生にも、7月の「七夕の会」の時にも。

 また、全体的な要望としては、A線の音色がとがってきていて気に入らないこと、もっとまろやかなチェロらしい音にしたい、ということを伝えた。


・駒については、ベルギーの駒にするか、フレンチの駒かという選択で、結果的にはフレンチ駒に。

 ベルギーにすると音は大きくなるが、音の線が細くなるらしい。
 駒が高い分、弦の張力が強くなって、それだけ音が大きくなるが、弦と本体の板の距離が遠くなる分、響きがどうのこうの・・・というお話・・・(細部はよくわかりません)。

 音の大きさよりも響きを優先して、フレンチの駒に。

 新しい駒は若干背が高くなったが、弦の幅を左右少し狭くしてもらったので、逆に弾きやすくなった印象。

・ちなみに、駒を変えたあとでレッスンの時にS先生にみてもらったら、駒の木目をしげしげと観察していた。新しい駒だと比較的反りやすいから、いちおうそれを頭においておくこと、と。


120725_1015~01.jpg

続きを読む
posted by たこすけ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

びーふぁいんでライブやります!2012

ビートルズのコピーバンド、
びーふぁいんで今年もライブやります!


◇ Befine 夏祭りライブ 2012

  ◇ 7/22 (日) 19:20〜

  ◇ 多摩市 落合団地商店街にて


一昨年、昨年同様、団地の商店街の夏祭り、商店街の一角でやります。

ちなみに昨年のライブはこんな感じ → http://vc-okok.seesaa.net/article/216968501.html

summer01.jpg

今年もまた2曲ほどでチェロを使います。

セットリストを見ると、去年もやった曲が10曲になる。
ライブハウスではなく団地のお祭り、
マニア向けではなく誰でも知っていて楽しめそうな曲、ということで選曲するとどうしても同じようなものになってくるが、これはある程度はしょうがないか。

ビートルズ好きの方、町の夏祭り好きの方(笑)のおいでをお待ちしています。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています
posted by たこすけ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

七夕チェロ

7月某日、毎度恒例の”七夕チェロ会”。
また今年も参加させていただきました。

以下、覚え書き

・ソロでやらせてもらったブラームスの2番のソナタの2楽章。

 ”力まないように歌い上げる”ことを目標にしていたが、見事に力んだ。
 結局、曲調に頼って曲を選んだところで、本質的には何ら変わらないことがよくわかった。終わってみれば、至極アタリマエのことであった(苦笑)。

 自分は音色を一種類しか持っていないなあと思った。せいぜい、強弱。
 強弱にしてももっと出さないと。
 どうも”大きな音を出さないといけない”的な強迫観念にとりつかれているような気もする。もっともっとpの音、ppの音、pだけど柔らかく響く音を。単に音量の問題ではないのだ。
 多彩な音色を出したい。言い換えれば、もっと色っぽい音を出したい、というところか。
 右手がもっと自然に弓にすいつかないと何をやってもダメだろう。

 ちなみに、われらがS氏に感想を求めたら一言「駒を変えたほうがいいよ」と。
 駒が低くて、ピチカートの音にビビりが出ている、ということか。
 言われてみると、レッスンの先生が言うことと同じことであった。プロが見るのはそこか、と。


・グリエールのソナタ。

 難曲だった。美しいメロディを美しく歌い上げるというのは一番難しいな。もっと柔らかい大きいビブラートができるようになりたい。いつも書いていることだが(苦笑)

続きを読む
posted by たこすけ at 23:06| Comment(7) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

2012年6月の日記

つれづれなるままの2012年6月の日記。

またまた、うっかりしていたら7月になっちゃったよ(苦笑)

▼ゴーヤ

順調に成長中。徐々にカーテンっぽくなってきたかな。

5月の下旬からはじめたが、最初の2週間くらいまでは心もとない感じだったが、一週間くらい前からは成長のパワーを感じるように。
ただ、実はまだその片鱗すら出てきていない感じ。

しかしまあ、いずれにせよ、”育てる”という作業は面白いものである。


▼「サイカドー、ハンタイ」

毎週金曜日の首相官邸前は参加人数が広がり続けている。
29日は首相官邸前の人の集まりはそれはそれですごかったが、全国各地で同じように人が連帯して集まっていることがより印象的だった。

いま、全国いたるところで、多くの人が「サイカドー、ハンタイ!」を声に出している。

坂本龍一氏 ”Oi Protest rs” → http://soundcloud.com/gunonayuta/oi-protest-rs


<7月2日追記>

坂本龍一さんの作品、リンクが切れてしまったので、新しいものを下に。
作品もひとつ増えて2つになっています。2番めの作品のリズムパターンが超かっこいい。
  → http://soundcloud.com/ryuichi_sakamoto 


続きを読む
posted by たこすけ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする