2016年02月19日

録音もたまにはiPhoneではなく バッハ2番アルマンド

バッハのチェロ無伴奏2番、BWV1008の第2曲のアルマンド。



iPhoneで録音したものをmp3にするやり方忘れたので、
また、たまにはちょっとはそれらしい機材で録音しようと、久々にzoomの機械を使って録音した。
でも久しぶりなもので録音の音量レベルを低いままでやってしまったり、やっぱりやっていることは適当ばかり(苦笑)

弓の使う量を調整して強弱をつけようとか、試行錯誤はしている。
横の使う量をセーブする分、縦の力加減をより気をつけようとか、ああとか、こうとか…

最後は適当に弾きちらかしている(苦笑。
というか、いずれは、バッハの無伴奏を弾きながらアドリブを入れられるようになりたいのだ。

この曲は旋律の凸凹が多い。
今までは左手のポジションを工夫してできるだけ不自然な移弦がすくなるなるよう弾いたりしていたが、最近は考えを逆にして、可能なかぎり1ポジションと開放弦で移弦ありまくり、でもいいやと思い、そんな方向で弾いている。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています
posted by たこすけ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

今日も気楽にiPhone録音 バッハ2番メヌエット 反面教師バージョン^^;

バッハのチェロ無伴奏2番、BWV1008のメヌエット。反面教師バージョン

20160201 160509.m4a

mp3にするやり方忘れた。どうやっていたんだっけ?

バッハのニ短調は好きだ。自分の音は嫌だけど(苦笑)
下からD-F-Aの重音は難しい。Fの音はどちらかに合わせるとか、微妙にずらすとかしないといけないんだろうな。
メヌエットの1は”踊りだから三拍子のリズムを強調すればいいのか”と思っていたが、昔のレッスン記を見たら、ふわっとしたリズムで、と指摘されていた。逆じゃん!(笑)
メヌエットの2の弾き方はよく分からない。

というわけで、反面教師としてアップしておきます。音も汚いし。
音、ピアノにしたいところはもっとピアノにしたい。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています
posted by たこすけ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする