2016年07月09日

七夕チェロ 2016 

今年もまた「七夕チェロ会」に参加させていただきました。

もう9回目の参加になります。
毎回のことですが、この会を準備してくださる方々、参加者のみなさんに本当に感謝します。

もう3年以上レッスンを受けていないし人前で弾く機会もないので、この一年に一度の会が本当に自分にとっては大事な機会になっている。



やった曲。

ソロではドヴォコンの3楽章の後半部分をピアノ伴奏でやらせてもらった。

アンサンブルで、
リベルタンゴ、アヴェ・ヴェルム・コルプス、たなばた、ヘンデルのハレルヤ、
アザラシヴィリの無言歌、など。

ドヴォコンについては、
・この部分のナヴァラの演奏の映像を見たことがチェロを始めたきっかけのひとつだったこと、
   → 「きっかけ その二 欽ちゃんとナヴァラとドヴォコン」
・二楽章はレッスンでやったのでその時のメモ
   → 最近のレッスンメモ ドボコン2楽章
・終わり部分の和声の展開についてのメモ書き
   → ブラームスがくやしがるわけ?

いや、しかし、やっぱり惚れ惚れ。名曲というのはこういう曲のことをいうのだろう。
本当にこの曲を聴いてチェロをやりたいと思ったので、今回、掛け値無しに「しあわせ」だった。
貴重なアドバイスもいただいたし。

あと「無言歌」。
アザラシヴィリというこの作曲家のこの曲については検索してみたらこんなページなどもあったので、リンクを貼らせていただこう → 「アザラシヴィリの「無言歌」について 〜 原曲は "Dgeebi Midian"」

続きを読む
posted by たこすけ at 17:41| Comment(4) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする