2017年01月30日

iPhoneで多重録音してみた BWV227

iPhoneのアプリで多重録音ができるアプリをいくつか発見。
今までは多重録音をしようと思うと、ZOOMのレコーダーを使って録音して、パソコンに取り込みcubaseで編集、と結構面倒くさいことになっていたので、iPhoneだけで気軽にできるんだったらいいな、と思い試しにやってみた。

使ったのは『Multi Track Song Recorder』



バッハのモテット、BWV227「イエス、わが喜び」の第1曲のコラール。

このアプリはお手軽。アプリ起動して上から順番にrecordボタンを押して弾けば、とにかくすぐに4トラックの録音ができる。
上の録音も10分程度でできた。
けっこう残念だったのは左右にパンする機能がないこと。
エフェクターがないのはまあいいのだが。

他にも『DubDub recorder - 重ねて録音』というアプリも試してみた。こちらはトラックごとに左右に振ったりできるのが便利だが、音がかなりイマイチだった。

あと『GarageBand』とかはお決まりなんだろうけど、ミックスダウンとかわからないのでまだ試していない。

これぞ、というのがあればぜひ教えて下さい(^^)



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

posted by たこすけ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

iPhoneで録音してみた バッハ無伴奏6番サラバンド

iPhoneで録音してみた、6番のサラバンド。



和音が崩れているところが多いよな。もっときれいに鳴らせないと。

またいずれやるべ(笑 。


01d97769c8fc0ee537f7b7bb0b9752fc76e29f9238.jpg

↑ 29小節目、2拍目から3拍目にかけてGにタイがかかっているのだが、これはよく分からない。無理に弾いても不自然になる。誰もこう弾いているのは見たことがない。ということで普通の弾き方、2拍目全体にスラーをかける、で弾いといた。

しかしつくづく、5弦チェロが欲しくなる。
開放弦で気持ち良く鳴らせるところが沢山あるのだから。


《 追記 》

9015E80C-99FC-46DA-ACEE-2434F6EE1813.png
後ろの31小節目の一拍目のベースは一般的にはGだが、今回はG#でやった。
これについてはこちらの記事→
posted by たこすけ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

iPhoneで録音してみた バッハ無伴奏1番サラバンド

iPhoneで録音してみた、1番のサラバンド。



マグダレーナの楽譜から自分なりにスラーとかを考えてみた。

01d42db73db8d66d7eefbd8269d0b4fff71a6b73ab.jpg

もとのスラーなしの楽譜はコチラのサイトからいただきました。ありがとうございますm(__)m
  → バッハ 無伴奏チェロ組曲、校訂者注記
    横山真一郎校訂 バッハ 無伴奏チェロ組曲 全曲(スラーなし)PDF

1小節目をどう弾くかあれこれ試行錯誤した。ダウンから始めるか、アップから弾くか。
和音はどう弾くか、D線の音をきちんと弾くか、軽く弾くか、など。

三拍子を意識すること。

ビルスマの本では
「15小節目が悩ましいよね、どう弾いたらいいもんだか」とある。確かに。
とりあえず「解釈その2」で弾いてみたが。

01e53ce990057b9e028be61058454b69d05908901c_00001.jpg

こんなことをいろいろ、自分なりに、どーしたもんか、こーしたもんか、考えるのが楽しい。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
posted by たこすけ at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」


  自分の感受性くらい      茨木のり子

 ぱさぱさに乾いてゆく心を
 ひとのせいにはするな
 みずから水やりを怠っておいて

 気難しくなってきたのを
 友人のせいにはするな
 しなやかさを失ったのはどちらなのか

 苛立つのを
 近親のせいにはするな
 なにもかも下手だったのはわたくし

 初心消えかかるのを
 暮しのせいにはするな
 そもそもが ひよわな志にすぎなかった

 駄目なことの一切を
 時代のせいにはするな
 わずかに光る尊厳の放棄
 
 自分の感受性くらい
 自分で守れ
 ばかものよ


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
posted by たこすけ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする