2017年08月19日

カザルスと大統領とテディベア

カザルスと大統領といえば、ケネディ大統領。
ホワイトハウスに招かれてコンサートをやり、有名なCDにもなっている。

カザルス曰く、
「…(ケネディ訪問の時に)『カザルス、ホワイトハウスに初登場』と書いた新聞がいくつかあった。
 だが本当を言うと、私は以前ルーズベルト大統領のために演奏したことがあったのだ。
 フランクリン・D・ルーズベルトではないよ、セオドア・ルーズベルトだ。1904年のアメリカツアーの時だった。…」(『パブロ・カザルス 鳥の歌』より)

(ちなみに、1904年はカザルス28歳、ケネディの時は1961年で85歳。どんだけのキャリアだ^^;)

そのセオドア・ルーズベルトにたまたま会ってきた。

012a424fba62d1b3c6a657f829ac6cf3c90067aa4d.jpg

0165f85bce2cf6aeecb19d5e8e71a552cf5e737365.jpg

場所は、こちら↓
01372f94f07860c006b3b0970e3bec4aeefa4b3925.jpg

よもやこんなところでカザルスにつながるとは…(笑

ちなみに、
こんな人たちもいた ↓
0112dd28b875ece6e3f0010346d915b997c7000c0a.jpg

01cac5a1eda1cdb17fbdd06612298d9528d4f3782f.jpg



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by たこすけ at 23:23| Comment(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

「鳥の歌」を録音してみた

今年の8月6日と8月9日は、歴史的にも画期的な「核兵器禁止条約」が締結されたもとでむかえた。
被爆者の声と運動が世界を動かしてきた。

そんなこともあり(?)、「鳥の歌」を録音してみた。



「鳥の歌」はカザルスが反戦平和の思いをこめた特別の曲で、
だからこそチェロ弾きにとっては特別の曲で、
だから今まではおそろしくて手をだしていなかったのだが、
近々この曲をやることになりそうでぽつぽつ練習している。

最近手に入れたイッサーリスのバッハのチェロ無伴奏のCDにはこの曲もおさめられているが、
原曲のイ短調をト短調に移調してチェロ一丁の無伴奏で演奏している。
それを真似してみた。
メロディーの繰り返しでオクターブ上げているので難しい(涙)
下手で聴きにくいところはごめんなさい ^^;


「核兵器の脅威に比べれば他のことは全て第二義的である…
 今こそ人間相互の深い理解と、対立する勢力間に真の和解がもたらされるように行動すべきです」
   by カザルス 1958年

「鳥の歌」wiki → https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E3%81%AE%E6%AD%8C_(%E3%82%AB%E3%82%B6%E3%83%AB%E3%82%B9)

広島平和宣言 → http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1110537278566/

長崎平和宣言 → http://nagasakipeace.jp/japanese/peace/appeal.html

VFSH0107.JPG


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by たこすけ at 17:45| Comment(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

録音してみた バッハ無伴奏2番クーラント

iPhoneで録音してみた。
バッハのチェロ無伴奏2番、BWV1008のクーラント。



本当はもっと速くやるんだろうけど、できない。

弓の使う量をメリハリつけるように意識してみた。
自分の弓の使い方がどうもちまちましているようで。

チェロじゃないけど、最近メニューインの弾くシャコンヌの動画を見返した時に全弓使いまくっていたのが、すごく印象的だったこともあり。

あと、出だしの音に命をかけた(笑)
カザルスとかまさにそんな感じだったから。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by たこすけ at 22:58| Comment(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする