2018年06月23日

「きらきら星で What a Wonderful World ! 」

多重録音してみた。

「キラキラ星」と「What a Wonderful World !」をくっつけてみた。チェロ二重奏で。
なんか最近こんなんばっかだ。
ちょっとイロモノに走り過ぎだ(大笑



楽譜はこちら → きらきら星でWHAT_A_WONDERFUL_WORLD.pdf

ちょっと前のこと、車の中でたまたま、ルイ・アームストロングの「What a Wonderful World この素晴らしき世界 」をかけたら、ムスメが突然「これってキラキラ星じゃん」と叫んだ。
最初、何を言っているのか全く分からず、隣に金ピカの車でも来たのか、と思って見渡しても特に見当たらない。
「どこにキラキラがあるんだ?」と言ったら、「違うよ、この曲だよ」と。
はあっ?と思ってメロディーを追ってみたら、あら確かにこれは「キラキラ星」だわ。
ムスメは以前ピアノの発表会でモーツァルトの「きらきら星変奏曲」をやったから、一発でピンときたらしい。
一回気がついてみると、もう二つの曲を切り離して聴くことはできなくなってしまった。
でも改めて不思議なのは、この二つとも馴染みの曲、昔から知っている曲にも関わらず、ムスメが指摘するまで全く夢にも思わなかった、ということ。
ネットで調べてみた。ルイ・アームストロングの曲の作曲時のエピソードとか探してみたけど、特に見当たらなかった。
でも、ほぼ間違いなく、パクって作ったんだろうな、と思う。インスパイアされて、とか、言い方はどうでもいいけど。
でも結果は全然別物になっているんだからいいんだよ。

全く、ほぼ誰も気がついていないんだから(笑)

さて、ふざけたものばかりやっていないで、練習すべきものを練習しよう。
さらわなくちゃいけない曲がたくさんあるんだわ。

試験勉強をしなくちゃいけない時に限って、部屋の掃除をしだす、みたいな習慣は若い時から全く変わらないものだ(苦笑)



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ

posted by たこすけ at 00:00| Comment(0) | オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

「ジョンとバッハで Happy Xmas (War Is Over) 」

iPhoneで録音してみた。

「ジョンとバッハで Happy Xmas (War Is Over)」
ジョン・レノンの曲とバッハのチェロ無伴奏6番のプレリュードをくっつけてチェロで弾いてみました^^;




ジョン・レノンの「Happy Christmas 〜 War is Over 〜」が大好きだ。
平和を願う反戦歌はあまたあるが、こんなにわかりやすいメロディーでしかも普遍的な曲もなかなかないと思っている。
何と言っても、ジョン・レノンだしね(笑
戦争がなくなるまで歌い継がれる曲の一つだろう。

これをなんとかチェロ一本で弾けるように編曲したい、とずっと思っていた。
ある時、コード進行的にバッハの無伴奏6番のプレリュードとくっつけたら面白いかも、と思いついて、はや半年。
ふざけた編曲となってしまったがせっかくなので一応形にしてみた。

ジョン・レノンのファンとバッハ愛好家の両方から顰蹙を買いそうだけど、世界は広い、どっかには面白いと思ってくれる人もちょっとはいるかも、と、試しに録音してみた。



楽譜はこちら ↓

Happy_Xmas ( War is Over ).pdf

バッハのチェロ無伴奏とか練習していると、バッハだったら世界のあらゆる旋律をチェロ一本に編曲できたんじゃないかと思ってしまう。
バッハだったらビートルズの曲をどんなふうに料理しただろう、とか考えると楽しい。
楽しいだけで、そこで止まっちゃうのが現状なのだが。

もっとこういうのをやりたいなあ。


************************

バッハのチェロ無伴奏6番プレリュード




ジョン・レノンの「Happy Xmas (War Is Over)」





にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by たこすけ at 17:28| Comment(2) | オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする