2018年11月07日

2018年11月 楽器健康診断結果 もう”おおさかのおばちゃんみたい”とは言わせない^^;

一年ぶりに楽器の健康診断に。結果のまとめメモ。

   ちなみに一年前がこちら → http://vc-okok.seesaa.net/article/455065424.html


・チェロは全体のチェック、はがれがないか。
 前回弦を変えたのが1年半前。「もう変えないとダメですか?」とおそるおそる聞くと、「ちょっと調整してみて必要だったら弦を変えてみましょうか」と楽器屋さん。
・弓はいつものの毛替えを。

IMG_5780.jpeg
  

・調整は主には駒。
 駒が少しねじれて(よくあることらしい)、きちんと胴体に密着していない状態で、だからキチンと鳴っていなかった、と。
 駒の位置の調整、立て直し、そして魂柱も立て直し。

 それだけで格段に音が良くなった。特にD線が発音が良くなったし、C線、G線もキチンと響く。
 G線のEのあたりがウルフの場所でもあり、なかなか鳴ってくれなかったが、それが鳴るように、ウルフ気味であるが。
 (この音がでないとベートーヴェンの3番ソナタの出だしなぞ弾けたもんじゃない)

 「A線がいまいちですね」と言うと、
 「じゃあA線だけ新しい弦に変えてみますか」と。で、引き続きヤーガーで新しい弦に。
 で、かなり良くなった。雑音がとれて、伸びるように。

続きを読む
posted by たこすけ at 00:00| Comment(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする