2018年07月25日

ヴィヴァルディのモテットをチェロ・デュオで

ヴィヴァルディのモテット『まことの安らぎはこの世にはなく』RV 630をチェロ・デュオでやってみた。

ヴィヴァルディには素晴らしい宗教曲が沢山ある。
その中でもピカイチの曲で、
そして、世界広しといえどもこれほどまでに美しい曲もめったにないと、勝手に思っているのがこのモテット。

このメロディーにほれこんでしまい、チェロで弾きたいなと思い、つらつら楽譜を見ていて、
通奏低音と伴奏のバイオリンと歌とをうまく組み合わせればチェロのデュオでアレンジできそうだ、と思い楽譜にしてみた。

この時の演奏会でチェロ友さんが一緒にやってくれたので(ありがとう^^;)、その音源をアップしてしまおう。



四苦八苦して(苦笑)こさえた楽譜はこちら → Nulla_in_mundo_pax_sincera 201805.pdf



この曲を知ったのは映画『シャイン』を観て。
精神を病んでしまったピアニストのデイヴィッド・ヘルフゴットを主人公とした伝記的映画のなかで、
テーマソング的に、主人公の心の純真無垢さを表現するかのように効果的に使われていた。
この透明感ある曲の世界がぴったり。





原曲の歌詞 ↓

「Nulla in mundo pax sincera 」

Nulla in mundo pax sincera   この世にまことの安らぎはなく
sine felle, pura et vera,      苦渋なき真に純粋なる安らぎは
dulcis Jesu, est in te.       慈愛にあふれるイエス、御身の中にこそ。

Inter poenas et tormenta    苦悩と痛苦にはさまれても
vivit anima contenta        魂は幸せに生きている
casti amoris sola spe.       しみひとつない愛を待って。



もっともっとチェロだけでおもしろいアレンジができればいいなと思っている。
ヴィヴァルディあたりはもっとたくさんネタがありそうなのだが。



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by たこすけ at 11:54| Comment(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: