2018年12月08日

38年目の12月8日によせて

1980年12月8日、ジョン・レノンが凶弾に倒れた日。

昔、バンドの友人と酒飲みながらジョン・レノンとポール・マッカートニーの比較論でもりあがり、
「ポールは20年〜30年に一度の名曲を書けるが、ジョンは50年〜100年に一度のとてつもない名曲を書ける」という結論に達したことがある。

そんなとてつもない名曲の一つがこの曲。”Happy Xmas (War is Over)”。



先日のステージでチェロとピアノとのアレンジでやってみた。


以前からこの曲を自分なりのアレンジでやってみたくて、ブログの記事をさかのぼると、
しきりに、ジョンの曲をチェロ無伴奏でやるのが目標、などとくりかえし言っている。


で、今年になってようやく少し形にしてみたのがこちら。
  → 「ジョンとバッハで Happy Xmas (War Is Over) 」


この歌についての記事。12月8日に書いたものではないけど。
  → 「WAR IS OVER / IF YOU WANT IT」

以前はこんな記事も書いていた。1993年のポールの来日公演の思いでにからめて。
そういえばポールは今だに現役バリバリだ(笑)
  → 「ジョン・レノンが亡くなって27年」


ちなみに、今年の3月24日のニューヨークでは銃規制のためのデモ行進が行われているが、そこにポールも参加している。
  → 「銃規制要求デモにポール・マッカートニーが参加、凶弾に倒れたレノンをしのぶ」https://rollingstonejapan.com/articles/detail/28161




にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by たこすけ at 14:13| Comment(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: