2016年12月31日

2016年もおわっていく

2016年も今日でおしまい。


今年は何となく「iPhoneで録ってみた」シリーズをやった。

主にはバッハのチェロ無伴奏で、
バッハのチェロ無伴奏以外では、フルート無伴奏とかヴァイオリン無伴奏とか、
あと、ついでにモーツァルト『レクイエム』から「ホスティアス」

今までやっていなかったクーラントとか。

などなど。

なぜ今年こんなに手当たり次第やったのかというと、やはりビルスマの本『バッハ・古楽・チェロ』の影響がでかい。
特に、”マグダレーナの原譜のスラー指示どおりにやってやる”的なところにかなり惹かれて、実際にそれで無伴奏をさらい直してみるのが実はむちゃくちゃ楽しく、やってみるとなるほどいろいろと発見もあり、やったからにはどこかで区切りをつけるために、そんな感じで録音してアップする、みたいなことを繰り返していた。
上手くなったような感覚は全くないんだけどね〜(苦笑

とりあえず原譜通りのスラーでやってみる、極力第1ポジションから離れないようにする、とか。

久しぶりに多重録音もしてみたり。
高音でつぶすクセは何年たっても変わっていないわ、みたいな^^;



2017年は一体どんな年になるんだろうか。

チェロは、今年みたいな感じでなんとなくダラダラとバッハを弾いていくんだろうかな。

ジョン・レノンとかもろもろ、自分の好きな曲を無伴奏にアレンジして好きな時に勝手に弾けるようにしておいたい、という目標はもちつつ、なかなかできない。

こんな風に弾けたらいいなという永遠の願望を胸に再度はりつけておこう。
  ↓





年末だということもあり第九が流れている。
第九はEUの国歌になったように、人類愛、友愛、統合の象徴的な意味合いで使わてきたが、
イギリスのEU離脱、トランプの登場、各国での極右勢力の台頭、などなどでいわば、第九受難の年、になりそうだ。
逆に、今こそ第九の出番の年だとも言えるけど。

日本も含めて世界はどうなっていくのか。

子どもの寝顔をみつめながら、そんなことをつらつらと思う2016年の年末。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
posted by たこすけ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

ひねくれものの奈良旅行

人生初めての奈良旅行。
大仏に会ってきた。

頭の中をずっとぐるぐる巡っていたのはこの映像(^_^;)



「チェロが上手い人はこんなところで演奏出来んだからいいよなあ」と
「大仏はヨーヨーマのチェロを目の前で聴けたんだからいいよなあ」という両方の思い。

そんなことばかり考えているものだからまともな写真も取らずに、
こんな写真ばかりとっていた。

IMG_4636.JPG


続きを読む
posted by たこすけ at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

2015年9月、10月の日記

2015年9月、10月のつれづれなるままの日記。



いつの間にやら、もう寒い(苦笑)




10月末にバンドのステージがあった。一年に一度だけ、一日だけギタリストになる貴重なステージ(笑)

IMG_2289.JPG


今年もまたオリジナル曲を二曲。



続きを読む
posted by たこすけ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

2015年5月、6月、7月、8月の日記

気がついたら全く日記をつけていなかった。

なかなかブログに手が回らなくて。忙しくて。

まあ、いいや。



最近の一番の衝撃はこれだった ↓



このシャコンヌ、バッハが最初の妻マリア・バルバラのあまりに唐突な急死を悼んで作られた、という説がある。この演奏を聴いてそれを思い出した。
他の誰の演奏よりも、そんなバッハの痛切な思い、様々な感情を感じさせる演奏だった。

多分しばらくは、ひょっとしたらかなりの間は、この演奏が一番だろう、自分にとっては。

演奏というものは進歩するものだ。もちろん昔のいわゆる巨匠たちの演奏も素晴らしいのだが、それを受け継いでさらに素晴らしい演奏がでてくる様が何ともうれしい。
しかし最近の若手のヴァイオリニストは女性も男性も、日本の国内にも国外にも、すごいのが沢山いるなあ。

一方で、こんな演奏を聴くと、やっぱりこの曲はヴァイオリン弾きのための曲だな、とも思い、まあ当たり前のことなのだが、かなり悔しくもある。




今は8月31日。
ここ1週間、寒い。
8月の頭は猛暑で、汗をかきまくりで、おかげでアトピーの皮膚の調子も最悪で気が狂いそうだった。
それがここで急転。
変化が急激すぎるのがいらつく。暑いも寒いも極端なんだよね。

寒く感じるくせに、湿度は高いせいか、少し動くと汗が引かないで不快感は強い。
天気予報では曇りとなっているくせに、シトシトと雨が降る。
そのたびに自転車通勤、保育園の送り迎えとこちらは振り回されてばかり。

はやく秋晴れの空を仰ぎたいもの。


続きを読む
posted by たこすけ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

2015年3、4月の日記

つれづれなるままの2015年3月、4月の日記。

記事を書こうとして2月の日記が消えていたことを発見。
なんか操作していて間違って消してしまったらしい。
大したものではないからいいのだが、せっかくコメント入れていただいたまかべさん、すいませんm(__)m




決意してダイエットにふみきる。

いつもの病院での検査診察で中性脂肪が少したかめですね、と指摘されたこと、ムスメと昔の写真を一緒に見ていて「むかしは父ちゃんもやせていたよね」と言われたこと、そんなことからついに決意した。
前から気にはなっていたんだよね。でもこういうことはやっぱりきっかけが大事だから。

ダイエット、と言っても要するに、食べないこと、以外にはない。強いて言うと、あと体重計に乗ること、くらいか。

食べる量を4分の3にする、昼のランチは大盛りにしない、寝る前に食べない、それくらい。

はじめてまだ2週間経っていないが、明らかに体重は減った。マイナス3キロ。
いつも何となく腹が減っている状態、という状態にも慣れたきた。

昔一ヶ月入院した時はそれだけで6キロ痩せた。とりあえずその辺りを目標に。

さあ、いつまで続くことだろう(^^;;





天皇がパラオのペリリュー島を戦没者の慰霊で訪問した、とのこと。

『餓死した英霊たち』を読んだ。
著者の藤原彰氏は元陸軍軍人の歴史学者。
第二次世界大戦での日本軍人の戦没者230万人、そのうち過半数が餓死だったという事実を資料で裏付け、そして「大量餓死は人為的なもので、その責任は明瞭である。そのことを死者に代わって告発したい」としている。
その本のなかで印象的だった言葉。


続きを読む
posted by たこすけ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

2015年1月の日記

2015年1月のつれづれなるままの日記。



今日は2月1日だが、
例の人質事件は最悪の結末になってしまった。厳しく、つらい。
テロ、それを生み出すもの、世界の中での日本の立ち位置、歴史と未来、自分のやるべきこと、などなど考えるべきことは多いが、そして非力な自分が何になるという思いもありつつ、でも考えなくてはいけない問題なのだと思う。

しかしまあ、いまの、「最高責任者」という言葉が大好きな日本の首相が今回どのような行動をとったのか、厳しく検証されるべきだろう。




チェロは相変わらず平日はほとんど触れない、週末にかろうじて30分程度練習できるかどうか、という生活なので、特にどうということもない。
こういう時はイメージトレーニングが大事だとは思う。
続きを読む
posted by たこすけ at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

2014年9月の日記

つれづれなるままの2014年9月の日記。



残暑厳しいかと思っていたら案外そんなことはなく、
ホッとしていたら、
突然、御嶽山が爆発しやがった。

50名以上が亡くなり、
テレビや新聞が詳しくその時の状況を伝えてくれるのはそれはそれでいいのだが、
犠牲者の方々の写真や人となり、遺族の方たちの様子なども事細かに報道するのはさすがにどうなのか、
そんなことを思いつつ、
しかし親子で登山中とかいろいろ見て聞くとやはり涙も出てくるというもので、

とにかく、御嶽山、許すまじ。

続きを読む
posted by たこすけ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

2014年8月の日記

2014年8月のつれづれなるままの日記。



8月の下旬、急に暑さが引いた。
朝晩は涼しいくらい。
ただ今後はまだ暑さがぶり返すと天気予報では言っており、まあ実際そうなのだろうから、体調を壊さないように、身体が油断しないように気をつけないと。

とは思いつつ、この間の異常気象には腹立たしい。

猛暑やら、広島や関西の方での未曾有の土砂崩れや大雨やら何やら、今まででは想像付かないような異常気象。

何かと気をつけないと。




最近はチェロは、ひたすらイザイの無伴奏にはまっている。
ほとんどこれしかさらっていない状態。

この間はやっぱりカサドの無伴奏をやっていたからなのだが、ブルネロのアルバム『アローン』をよく聴いていた。
そして、このアルバムの最後に入っているのがイザイの無伴奏で、でも今までは正直この曲はよくわからなかったし、飛ばしていたことが多かった。
続きを読む
posted by たこすけ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

2014年6月、7月の日記

つれづれなるままの2014年6月、7月の日記。
もう8月になってしまったが、^^;



7月に梅雨明けして、というかその前あたりから、
むちゃくちゃ暑い。

先日ふと20年前の一人暮らしの時のアパートのことを思い出した。
部屋にクーラーがあった記憶が無い。
夏は夜も窓を開けっ放しにして扇風機を全開にして、それで何とかしのげていた気がする。

いつから、日本の夏はクーラーが手放せなくなってしまったのか。




最近アカンボが大きくなったせいか、スリングに入らなくなった。
物理的にはまだ入れるのだが、拒否するようになった。

今までは夜とか昼寝とかの寝かしつけは、スリングに入れて、iPhoneで自分の聴きたい曲をかけ、10分20分歩きまわっていれば確実に寝てくれた。
この”スリングに入れれば絶対に寝かせられる”というのはアカンボと付き合う上でかなり大きな精神的な支えになっていた。
が、もうこれも使えない。
今は音楽かけると寝なくなってしまった。

そんなわけで今までツイッターでつぶやいていた”今日の寝かしつけ”も今回でお終いになるかな。

続きを読む
posted by たこすけ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

2014年5月の日記

つれづれなるままの2014年5月の日記。
もう6月だけど^^;



5月の末から急に夏日が続いた。
暑い。
こういう激変ぶりは本当にやめてほしいよな。身体がついていかない。

子どもたちの体調は5月に入ってようやく少し安定した。
自分と家族の健康はやっぱり生活の一番の土台だ。




最近なんとなくつぶやいているもの。
アカンボを寝かしつけるときに聴いている音楽。


今日の寝かしつけはコダーイのチェロ無伴奏、by 趙静。説得力ある演奏だと思う。ストーリーが感じられる。そうじゃない演奏もあるだけに。

今日の寝かしつけはメンデルスゾーンのピアノトリオ2番。一般的には1番が超有名で確かに名曲なのだが、2番も劣らず素晴らしい。最後の最後に出てくるコラール旋律にはしびれる。もちろんその頃にはとっくにアカンボは寝ているが。

今日の寝かしつけは渡辺香津美「TO CHI KA」。超名盤。34年前だと。香津美のギターはさりげなく聞こえるフレーズが実はむちゃくちゃ難しく、コピーは断念した。

今日の寝かしつけはシューベルトの弦五。和音と好きなだけ戯れるシューベルト。こんな人、他にいるのかな?

今日の寝かしつけはボストンの「ドント・ルック・バック」。この気持ちよさはなんじゃらほい。このギターはたまに無性に聴きたくなる。あと、このキレイなハイトーンのボーカル。ボストンといえば実はこのボーカル。

続きを読む
posted by たこすけ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

2014年3月、4月の日記

つれづれなるままの2014年3月、4月の日記。



生活パターンが4月からガラリと変わり、とてもブログを更新している余裕がない。

4月から下のアカンボが保育園に通うことに。

実は保育園が決まるまでもすったもんだ一騒動があり。

保育園に入ってみれば、最初の数日は慣らし保育で通えたものの3日めから熱を出してダウンして、
翌週はほぼ全部休みとなり、
上のムスメにも風邪が感染ったのか熱を出し、
それが治ってやっと小学校に行ってくれて安心していたら「トイレで吐いたから来てください」と緊急で連絡が入り、
そのたびに仕事の休みをつれあいと相談し、職場の人たちに「すんません、すんません」と頭を下げ、
かかりつけの小児科には2人のこどもを数日おきに交互に連れて行き、
薬局は4月だから何なのかよくわからないが妙に混んでいて・・・

などなど、いろいろと振り回されて、ほとほと疲れた。

続きを読む
posted by たこすけ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

2014年2月の日記

つれづれなるままの2014年2月の日記。

▼ 大雪

何なんだ、という感じの大雪。

image(2).jpeg

雪かきに腰痛になり、1週間ほどでようやく治ってきたと思ったら再び大雪で、再び腰痛に。

__ (5).JPG

続きを読む
posted by たこすけ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

2013年12月、2014年1月の日記

つれづれなるままの2013年12月と2014年1月の日記。

12月は年末に書いたつもりになっていたが書いていなかった。
・・・もう忘れたな(笑)

1月ももう下旬。もう一年の12分の1が過ぎようとしているのか。




最近はまっていること。

とにかくジミヘン。

ジミヘンがやりたい。



「マシン・ガン」のギターソロ部分。
アンプの調子が良かったのかむちゃくちゃサスティンが効いた音。で、フィードバックを駆使して、特に1分辺りからのところなどとても人間技とは思えない。

こっちはニコ動だけどブログで貼り付けられたりするのかな?
試しに。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3249587


とにかく、調子がいい時のジミヘンに勝てるものはいない。

多分、絶好調の時のバッハの即興演奏もこんな感じだったんじゃないだろうかな。

あと、ジミヘンのドラムはミッチ・ミッチェルというのが定番だけど、バディ・マイルスのドラムもいい。というか自分的にはこっちのほうがいいな。落ち着いたグルーブ感があって。

そんなわけで、前回の日記にも書いたけど、いずれジミヘンはやりたいのである。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています

posted by たこすけ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

2013年11月の日記

つれづれなるままの2013年11月の日記。
もう12月も4分の1が過ぎてしまったけども。



急にめっきり寒くなった。
いつまで残暑が続くのかと思っていたら。

しかし2013年もあと1ヶ月足らず。
年々、時間の流れるスピードが早まっているような感じがするのは一体どうしてだろう。




ケラスのマスタークラスに行った。
だいたい自分は演奏会はめったに行かない。
お金と時間がないし、わざわざ都心に行く時間があるくらいだったら自分で弾いてたほうがいいや、と思ってしまうたぐいの人間なので、実はプロのチェリストの生演奏をホールで聴くこと自体かなり久しぶりのことだった。

ツイッターでいくつかつぶやいたことを記録がてらに。

「マスタークラス聴いてきた。正直、内容が高度すぎてよく分からん^_^; とにかくケラスの音が自然で美しかった」

「勝手な感想。シューベルトにとっては和声こそ神。和音の変化、変化の余韻。余韻をしっとり味わう。味わうために崩して練習してみるもあり。初めてアルペジオーネをいい曲だと思った」

「勝手に感想。左手のアーティキュレーションをもっとしっかりさせることで右手はもっと自然に脱力できる。脱力、解き放つ。この点で誰よりも素晴らしいのがカザルス。あの唸り声も脱力のために意識的にやってるんじゃないかと」

「勝手に感想。左手。押さえていない指は脱力。指板を押さえる意識よりも、今まで押さえていた指を跳ねあげて力を抜くような意識の方が大事。今までの指を上げれば、自然に次の指が押さえる」

続きを読む
posted by たこすけ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

2013年10月の日記

2013年10月のつれづれなるままの日記。



ステージがあった。
チェロとギターの両方使った。
持ち替えがなかなか忙しかった。


以下、覚書的に・・・


ギターについては、今回は意識的に音を歪ませずクリーンな音でやった。曲がしみじみいい曲で、歌をとにかく生かしたいと思ったこともあって。それがそれなりに効果的だっただろうと自分では思っている。
クリーンな音でもロックは出来る。
音を下手に歪ませてリズムが立たなくなるとそれはロックではなくなる。
ちなみにストラトのウーマン・トーンはやっぱりいい音。

あまり持っていきかたを事前に考えずに成り行きでアドリブで弾いて、「あ、やべ」「あ、でもこれでいいや」「お、結果オーライ^^;」というなかなかスリリングな瞬間を味わった。そう、こういうのがやっぱり好きなんだよな、自分は。

続きを読む
posted by たこすけ at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

2013年7月、8月、9月の日記

2013年7月、8月、9月のつれづれなるままの日記。

なんかブログの方から遠ざかり気味で、理由はいろいろあるけど、チェロのレッスンに行っていないのが結構大きいかな。

とりあえず3ヶ月分の日記を覚書程度にまとめて。


< 7 月 >



ゴーヤが今年はあたった。
7月の中旬から採れ始めて、20本くらいは収穫したか。
さすがに8月中頃からはあきた^^; しかし実はまだ新しい実をつけている。あと3本くらい採れるんじゃないかな。



選挙があったことから、ブラック企業問題が前面に出てきた。
かなり雰囲気が変わったなあ。
限定正社員制とか、派遣の全面的解禁の問題とか、労働環境をめぐる問題は色々と今後大きく動きそう。そんな予感。




7月頭に七夕チェロがあってそこでSさんに「もっと音色を追求すべし」と言われ、さっぱりわからないままにフォーレのチェロ・ソナタを聴きだした。
最初にトルトゥリエのCDを聴いたが、よく分からなかった、正直言って。
教えられてイッサーリスで聴いたら、なるほどよく分かった(気がした)。これは素晴らしいや。

続きを読む
posted by たこすけ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

2013年6月の日記

2013年6月のつれづれなるままの日記。



なんか忙しい。

仕事は7月の頭がひとつの山で、

それなのになぜか、本番が1週間のうちに三回。

しかもほとんどどれも事前の練習が取れない、というまことに一緒に演る人にとっては大迷惑な存在になってしまった(汗・・・。

もともと”練習なし本番一発勝負”というのは好きだ。

バンドでそういうメンバーに恵まれていたーーー条件が悪ければ悪いほど燃えてしまう、というような集団ーーーのもある。

しかしさすがにクラシックの方ではそれはマズイよな。

もうちょい日程調整など、気を使わないと。
練習時間もそんなに確保できないし。
最近はチェロは一日10分弾ければいい感じだ。

とりあえず3つの本番は頑張ろう。







続きを読む
posted by たこすけ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

2013年4月、5月の日記

2013年4月、5月のつれづれなるままの日記。

この間はいろいろあった。
急に忙しくなったものでブログの方はすっかりお留守になってしまっていた



赤ん坊は順調に・・・・・・



続きを読む
posted by たこすけ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

2013年3月の日記

つれづれなるままの2013年3月の日記。



だんだんと暖かくなっていくようで、

最高気温が20度を超えて「春だ!」と思った、
その翌日は10度以下に下がり、
またその翌日は再び20度近くに、

みたいに陽気の変化が急激で、
こんな気候は今までなかったよな、と思っているうちに、

いつの間にか、桜は満開となり、

個人的には、桜よりも、桜が散った後に一斉に芽吹いてくる新緑がたまらなく好きなもので、

これからの2ヶ月程度が季節的にはたまらなく好きなのだ。


続きを読む
posted by たこすけ at 23:17| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

2013年2月の日記

つれづれなるままの2013年2月の日記。



寒い・・・
湯たんぽで頑張っています。

今日は奇跡のように暖かかった。身体の気負いのようなものが溶けていくような気分。
確実に季節は移っていくのだなあと。

そして、2年目の3月11日が来る。




ケータイをiPhoneに変えた。
よくできた、とても良いおもちゃだ。ちなみに、かなりの褒め言葉のつもり。
いろいろなところにセンスを感じるし、逆になぜwindows関係ではこういうものができていなかったのか、不思議に感じるくらい。

やたらと左手が疲れることに気がついて、意識的に肩を下げて脱力するように心がけている。


続きを読む
posted by たこすけ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする