2016年12月31日

2016年もおわっていく

2016年も今日でおしまい。


今年は何となく「iPhoneで録ってみた」シリーズをやった。

主にはバッハのチェロ無伴奏で、
バッハのチェロ無伴奏以外では、フルート無伴奏とかヴァイオリン無伴奏とか、
あと、ついでにモーツァルト『レクイエム』から「ホスティアス」

今までやっていなかったクーラントとか。

などなど。

なぜ今年こんなに手当たり次第やったのかというと、やはりビルスマの本『バッハ・古楽・チェロ』の影響がでかい。
特に、”マグダレーナの原譜のスラー指示どおりにやってやる”的なところにかなり惹かれて、実際にそれで無伴奏をさらい直してみるのが実はむちゃくちゃ楽しく、やってみるとなるほどいろいろと発見もあり、やったからにはどこかで区切りをつけるために、そんな感じで録音してアップする、みたいなことを繰り返していた。
上手くなったような感覚は全くないんだけどね〜(苦笑

とりあえず原譜通りのスラーでやってみる、極力第1ポジションから離れないようにする、とか。

久しぶりに多重録音もしてみたり。
高音でつぶすクセは何年たっても変わっていないわ、みたいな^^;



2017年は一体どんな年になるんだろうか。

チェロは、今年みたいな感じでなんとなくダラダラとバッハを弾いていくんだろうかな。

ジョン・レノンとかもろもろ、自分の好きな曲を無伴奏にアレンジして好きな時に勝手に弾けるようにしておいたい、という目標はもちつつ、なかなかできない。

こんな風に弾けたらいいなという永遠の願望を胸に再度はりつけておこう。
  ↓





年末だということもあり第九が流れている。
第九はEUの国歌になったように、人類愛、友愛、統合の象徴的な意味合いで使わてきたが、
イギリスのEU離脱、トランプの登場、各国での極右勢力の台頭、などなどでいわば、第九受難の年、になりそうだ。
逆に、今こそ第九の出番の年だとも言えるけど。

日本も含めて世界はどうなっていくのか。

子どもの寝顔をみつめながら、そんなことをつらつらと思う2016年の年末。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
posted by たこすけ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

録音してみた バッハ無伴奏2番のプレリュード

iPhoneで録音してみた、2番のプレリュード。



前にもアップしたことはある → http://vc-okok.seesaa.net/article/354691447.html
弾き方はかなり違う。下手には変わりないけど。
ビルスマの本の影響でマグダレーナの原譜のスラー指示通りにやるというのと、極力1ポジションで弾くというのにはまっていて、今までと違う右左の使い方でさらうのが楽しくて。

しかし下手には変わりないよなあ、悔しいけど(苦笑

真ん中らへんで一回指が指板から落ちて弾けなかったミスあり。

最後の和音のところは適当に。

その直前、57小節目の3拍目のウラに楽譜にはないF#を下で和音をつけた。
鈴木秀美氏の本の中で、”楽譜には書いていないけどバスの動きは確実にF−F#−Gです、これを知ったらもう二度と忘れることはできません(笑)”などとあったのを読んで、忘れることができなくなり弾いてしまった(笑) ↓

01357ca97d707aee2ab523c3b2be85cdc609857415.jpg



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by たこすけ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

多重録音してみた モーツァルト『レクイエム』の" Hostias "

本当に久々にチェロで多重録音してみた。
やり方忘れていてとまどった。

モーツァルトの『レクイエム』の「オスティアス(賛美の生け贄)」



本当はコーラスは四声だが、通奏低音プラス三声でやった。
4チャンネル以上を録音するのがめんどくさいため。

自筆譜 ↓

01a5e88992546e4d20d5bf429c61b1712a87234ae8.jpg

01b1ea06b47b5a19c03aedcff1169aecc409d16daf.jpg

続きを読む
posted by たこすけ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

録音してみた バッハ無伴奏3番のクーラント

いつものようにiPhoneで録音、
バッハの無伴奏チェロ3番のクーラント。



移弦で大変だけど、
マグダレーナの楽譜にあるスラーでやってみた。
あと、極力第1ポジションで。
開放弦使いまくり。 
2箇所、しっかりと音間違えているところあり。

4段目の妙なスラーとか何だろうな?弾けないっつうの^^;
posted by たこすけ at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

録音してみた バッハ無伴奏4番のクーラント

もう12月になってしまう。


録音してみた。
バッハのチェロ無伴奏4番のクーラント。



難しいよ。
スラーはマグダレーナの楽譜にそってやった。一ヶ所除いて。
すると、
B25B0C12-DFD2-4976-A920-2097266D94F2.jpg

最初の1小節目と3小節目の弓使いがアップダウンが逆になったり、


BF28E96D-32C9-470A-AA8E-EE631C7AF9F9.jpg

後半の5小節目からのフレーズがアップから弾かないといけなかったり、


DE999137-7558-462A-9654-7E209F3A65FC.jpg

16分音符はやけにゴシゴシ弾かないといけなかったり、

大変だが、でもそんなことを練習するのが楽しかったり(笑


ちなみに楽器のコンデンションは最悪。
ビビりまくっている。
季節のせいなのか、管理のせいなのか。



posted by たこすけ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

録音してみた バッハ無伴奏1番のクーラント

もう11月だ。
録音してみた。
バッハのチェロ無伴奏1番のクーラント。

実は1番から6番通してクーラントの録音をアップするのは初めてかも知れない。苦手なんだよね。速いの。下手だし。




ビルスマの本を読んでいることもあり、弓使いはマクダレーナの原譜でやったつもりだけど、
これ本当にこれでいいのかな、というところも多々あり(笑

14、15小節のこことか、
015737ca315d7e76a83edb83950b8f5181d4b712c9.jpg

31小節目とか、
0166acef5fdcdb5ce84302b02172907bf0aa7d5fe1.jpg

まあいいや^^

移弦が激しいこういう曲は本当はもっと丁寧に、
弓を弦に着地させてから発音するとかしないとダメなんだろうけど、
こういうところで落ち着きのない人間性なるものが顔を出してしまうんだろうなあ(苦笑

ちなみに、家の近くで新築工事中。



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
posted by たこすけ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

シューベルトの「未完成」は”未完成”ではなかった?



シューベルトの交響曲「未完成」を初めて聴いたのは小学生の時、
実家にあったレコードの中にフルトベングラー指揮でなぜかメンコンとカップリングになっている「未完成」があった。

とにかく出だしが印象的で、地獄の底からかすかに鳴り響いてくるような音に
子どもごころにビビっていたのを覚えている。

ちなみに、このレコードと多分同じ音源だ思われるCDを数年前に入手して聴いてみたのだが、
どことなく、深みがない気がしてガッカリした。
奥行きが全然感じられなかった、というか。
同じ音源のはずなのだが、CDとレコードの違いがあるのだろうか。ミックスダウンが違っているのか。



さて、「未完成」が未完成であることの理由などは人並みに知っていたつもりだったが、
最近あるネットでぐるぐる見ていたら、とあるサイトで、”「未完成」は未完成ではなかった”、とする説があるのを知ってビックリした。

http://classic.music.coocan.jp/sym/schubert/schubert8.htm


続きを読む
posted by たこすけ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

録音してみた バッハ無伴奏3番アルマンド

録音してみた。
バッハのチェロ無伴奏3番、BWV1009のアルマンド。



ところどころで重音が鳴らせないでグシャグシャしているが(苦笑)

発音、左手を置いてから発音、とか、一瞬右手を待ってみる、とか心がけたつもりだが、まあこんなもの。


バッハのチェロ無伴奏では最近おもしろいと思ったのはブルネロの新しい録音。
結構あそんでいて。

もっと自由に弾きたい。自由に、自由に。

どうしたら自由になれるか、ということでもあるが。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
posted by たこすけ at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

録音してみた バッハ無伴奏5番プレリュード前半

あいも変わらずスコルダーレでバッハの5番にはまる日々。
5番のプレリュードの前半、一人フーガにはいるまでの部分を録音してみた。
本当は通して全部やらないといけないのだろうけど、とても通して弾ききれそうにないので(苦笑



スコルダーレでさらってみて一番驚いたことは、この部分、ほとんど第1ポジションだけで弾けるということ。
高音部分でE♭とかでてくるところはさすがに指が届かないが、それでもせいぜい第2ポジション?(ポジションってよく分かっていない)

フーガができるのはいつになることやら…^^;


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


posted by たこすけ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

録音してみた バッハの5番サラバンド スコルダーレで

ここ何週間か、
スコルダーレでバッハの無伴奏5番を弾くことにはまっている。

試しにiPhoneでサラバンドを録音してみた。



前の記事で最初のGを開放弦で気持よく弾けるのに、なんでビルスマはわざわざD線を使っているのか、みたいなことを書いたが、
楽譜を見るとここがGになっている。

CrMP5EnUEAAFwzE.jpg

この5番は調弦をスコルダーレでA線をGに下げていて、マグダレーナの原譜だとA線を使う時は1音上げた記載になっている。
たとえば2小節目の最初はD→B♭と記載されているが実音はC→A♭、とか。
言い換えると1音高い記載はすべてバッハが(マグダレーナが)A線を想定して書いている音、ということでもある。1番から6番と違ってほぼすべての運指を作曲者の意図にそって再現できるのが唯一この5番だ、ということでもある。

そしてこのサラバンドの最初の音がGである。
A線の開放を使ってGを弾け、ということならばここはAで書かれているはずだろう。
それがGになっているので開放弦では弾かべからず、とバッハの意図は解釈できるのかな。

でも他の曲の記譜だとここは明らかにA線の開放で弾くんじゃないか、というところがGで書いてあったりもする。そもそもあんまり厳密に違いを分けていないのかもしれないし、変則的な書き方だからどっちがどっちだかわかんなくなっちゃったのかもしれないし。
曲の頭の主調の音を、いくらスコルダーレだからといって、変則的な書き方だからといって、Aで書き始めるのはさすがに違和感があったのかもしれないし。

そもそも音色的に開放はそぐわないとかもあるんだろうけど。

まあそんなことも考えながら最終的には自分の好み^^;

他のプレリュードからジーグまで適当に弾き散らかしているが、スコルダーレでさらい直す作業自体が楽しい。
4度調弦は弾きやすいわ。自分的にはギターやベースでもともと慣れているし。

あと一つ思ったことは、
絶対、バッハは楽器をもって弾きながら作曲しているんだろうな、ということ。
いままで正規の調弦で本当に指使いで苦労していたフレーズなどが、スコルダーレでやると見事に自然に簡単な指使いになったりする。

面白い。しばらくはまりそう^^;


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

posted by たこすけ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

BWV1011のスコルダーレ

バッハの無伴奏の5番は
A線をGにして弾くよう指示がある。マグダレーナの楽譜によると。

今まではめんどくさくてしていなかった。

考えてみるとコダーイとかは下2本を下げてやっているのだから、試しにやってみるか、とやってみた。

…面白すぎる。

このGを開放弦で鳴らせるとこんな響きになるんか、こんな楽できるんか、という感じ(笑

サラバンドの冒頭のGを開放弦で鳴らせることの楽しさ。

「そうか、ピリオドの人はこういうことを楽しんでんだ」と思い、ビルスマの動画を見てみたら、別に開放弦で鳴らしたりはしていなかった。なんだ(苦笑



でも絶対この音は開放で鳴らしたほうが楽しい気がするけどな。

それはともかく、改めてアンナ・マグダレーナの原譜を見てみた。
A線で弾く音は実音よりも高い音で記載されていることは知識としては知っていたが、あらためてこういう目で見ると新鮮。
そして、とにかく読めない(苦笑)


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村



posted by たこすけ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

七夕チェロ 2016 

今年もまた「七夕チェロ会」に参加させていただきました。

もう9回目の参加になります。
毎回のことですが、この会を準備してくださる方々、参加者のみなさんに本当に感謝します。

もう3年以上レッスンを受けていないし人前で弾く機会もないので、この一年に一度の会が本当に自分にとっては大事な機会になっている。



やった曲。

ソロではドヴォコンの3楽章の後半部分をピアノ伴奏でやらせてもらった。

アンサンブルで、
リベルタンゴ、アヴェ・ヴェルム・コルプス、たなばた、ヘンデルのハレルヤ、
アザラシヴィリの無言歌、など。

ドヴォコンについては、
・この部分のナヴァラの演奏の映像を見たことがチェロを始めたきっかけのひとつだったこと、
   → 「きっかけ その二 欽ちゃんとナヴァラとドヴォコン」
・二楽章はレッスンでやったのでその時のメモ
   → 最近のレッスンメモ ドボコン2楽章
・終わり部分の和声の展開についてのメモ書き
   → ブラームスがくやしがるわけ?

いや、しかし、やっぱり惚れ惚れ。名曲というのはこういう曲のことをいうのだろう。
本当にこの曲を聴いてチェロをやりたいと思ったので、今回、掛け値無しに「しあわせ」だった。
貴重なアドバイスもいただいたし。

あと「無言歌」。
アザラシヴィリというこの作曲家のこの曲については検索してみたらこんなページなどもあったので、リンクを貼らせていただこう → 「アザラシヴィリの「無言歌」について 〜 原曲は "Dgeebi Midian"」

続きを読む
posted by たこすけ at 17:41| Comment(4) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

録音してみた bwv1001の第1曲Adagio

同じバッハの曲でも、同じ無伴奏の曲でも、
バイオリンの無伴奏はどこか厳粛で、教会的で、
チェロの無伴奏はどこか穏やかで、俗世的、
そんなイメージがいつのまにかあるのだが、
曲集の第1曲の調性と雰囲気によるところが結構大きいんじゃないか、と最近感じる。



ト短調。
チェロ無伴奏のト長調のあの有名な穏やかなフレーズからはじまる世界と大違い。
なんか好きな曲でよく弾く。

我流で、雑な録音だけど…^^;


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています


posted by たこすけ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

「チェロメモ」のまとめ カテゴリー別に分けてみた(笑)

ツイッターでつけている「チェロメモ」のまとめ。
一年近くまとめていなかったけど、
カテゴリー別にまとめてみた(笑)

やっぱ、右手関係が多いわな。

▼ 右 手

・そういえばカザルスがそんなようなことを言っていたなあ、と思いだし、弓を弦から離さない、をやってみた。かなり感覚違う。いいかもしれない。

・カザルス解釈版のバッハ無伴奏の楽譜の解説から。
 「…脱力した右手は弓に乗っており、その重みが弦をいつでもガッチリ捉え…」「弓を弦から上げるのは、腕と弓を落としてアクセントをつけるときだけだった」

・数日前に「弓を弦から離さないように弾く」と。やってみると、もちろん全く離さないで弾くことは無理だけど、少なくともその意識付けによって、肘と肩の位置が何となく自然に落ちぎみになる。これは方向としては間違っていないはず。

・肩甲骨で弾く意識。その際、横の動きだけではないこと。縦方向に圧力をかけるときも肩甲骨からかける、みたいなイメージ。

・肩甲骨の縦の動きの意識、という問題意識は方向性としては間違っていないような気がする。少しずつ、身体全体で弾いている感覚に。

・今日は右の手首を使わないように練習した。使うは肩甲骨。イメージはヨーヨーマ(笑)

続きを読む
posted by たこすけ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

録ってみた ”祭りだ、祭りだ!”的なジーグに…

バッハの無伴奏3番のジーグを録音してみた。

ムシャクシャすることが色々あり、ストレス解消ではないが、弾き飛ばした感じ。



アルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエット、ジーグってみんな踊りの音楽だが、
ジーグはどうも自分の中では騒々しくて慌ただしい喧騒のイメージ。

…要するに、汚い音で弾き飛ばした言い訳(苦笑


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています
posted by たこすけ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

2016年5月の日記

2016年5月のつれづれなるままの日記。
なかなかブログの更新もできないので、日記も思いついた時でいいや。

今年のGW、月曜、金曜の仕事を挟んでいたのでいまいちGW気分になれなかったが、それでも家族で泊まりででかけた。

image-20160507112444.png

image-20160507112523.png

image-20160507112535.png

image-20160507112547.png

image-20160507112606.png

image-20160507112623.png

image-20160507112633.png

無理やり車にチェロ持ちこんで、海を見ながら、レンガをエンドピンストッパーにして、波の音を聞きながらのんびり弾いた。
初日は。

が、二日目は恐ろしいほどの強風の中の練習になってしまった。

オマケの録音。
強風のなか、防風もしないでiPhoneで録音するとこんな感じに。チェロの音より風の音の方がでかい(笑)
一応、バッハ無伴奏4番のサラバンド^^;

20160504 bwv1010-04.m4a



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています

posted by たこすけ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

iPhoneで録音 ヴァイオリンの曲は難しい^^;

iPhoneで録音してみた。
バッハのヴァイオリン無伴奏の3番ソナタのラルゴ。好きな曲。
好きな曲だけどヴァイオリンの曲はやっぱり難しい^^; 



もっとゆっくりなテンポで弾きたいイメージなのだけど、とてもサマにならない。

しかしまあ、iPhoneの録音だとやっぱり音がしょぼいよなあ。ただでさえ下手くそなのに…(苦笑


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています

posted by たこすけ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

バッハ無伴奏1番のメヌエットを弾いてみた

無伴奏1番のメヌエットを録音してみた。

中間部はピチカートしてみたりスルポンしてみたり。





にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています
posted by たこすけ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

5年目の3・11 BWV1007プレリュード

バッハのチェロ無伴奏BWV1007のプレリュード。

チェロはじめて10数年、一体何回弾いてきたか、という感じだが、
3月11日の前後に弾くと、どうもいつもと違う感じになるのはある程度しょうがない。
でも、腕前だけは変わらないのが悔しい。
にしても、こういう時に弾くのがやっぱりバッハ、というのはなんでかねえ。

テンポがどうのスラーがどうのとか全く無視して好き勝手にやっています(^_^;)




3月11日当日のことを書いた記事

4年前にはバッハのフルート無伴奏BWV1013のサラバンドをニ短調に転調してやったりしていた

2年前には元のイ長調で録音したりしていた

5年たって日本も変わったなあという部分と、なんで変わっていないかな、という部分と。

いい加減、抜本的に変えたいものじゃ。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています
posted by たこすけ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

G−G#−Aの絶妙なベース進行

FBで流れてきた動画。
イッサーリスによるバッハのチェロ無伴奏6番のサラバンド。
見事に美しいバッハ。

Bach: Sarabande from Cello Suite No.6 - Steven Isserlis

Some absolutely beautiful Bach for your Saturday morning...

Posted by Classic FM on 2016年2月27日


この曲、和音をしゃかりきに弾こうとしがちになってしまうのだが、こんな風に旋律をきれいに歌い継ぐこともできるんだな、と。
思えば、カザルスがそんなことを言っていた、カザルス自身の録音はちょっと違う感じだが、後年に弾き方が変化したということか。

31小節目のベースがG#になっている。2分35秒付近と4分10秒辺り。
バッハの妻マグダレーナの「原譜」だとGのナチュラルだけど。
ベースが半音進行でドミナントに到達するさま、30小節目の頭のGから31小節目のこのG#、そして次のA、という半音進行が何とも見事で美しい。
こう弾いている人は他にいるのかな。はじめて聴いた、多分。

調べると、ケルナー版ではG#になっている、という研究があった。
→ ブログ『バッハ 無伴奏チェロ組曲、校訂者注記』の「2つのシャープ 〜画竜点睛〜」
ここで筆者が述べられていることは非常に説得力があると思う。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

 ↑ にほんブログ村に参加しています

posted by たこすけ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする